年金をクレジットカード支払う

年金をクレジットカード支払う

国民年金をクレジットカードで支払うことができるのをご存じでしょうか。

 

国民年金の支払いは、平成9年からクレジットカード払いができるようになりました。

 

保険料を徴収する側は、クレジットカード払いの時には2%の手数料を取られてしまいます。

 

手数料が発生したとしても、国民年金の不払い問題対策と言うことで、クレジットカードによる支払いが導入されることになったと言われています。

 

クレジットカードによる支払いであればどんなカードを使った場合でも0.5%の得になります。

 

国民年金保険料は月々払いと一年分を一括で支払うやり方とがありますが、クレジットカードで一括払いにするとさらに割引があります。

 

銀行口座からの引き落としよりも、かなり得をするので国民年金の支払いはクレジットカードで行うのがおすすめです。

 

国民年金の支払いをクレジットカードでやりたい場合、申請のための申込用紙を記入することになります。

 

各地の社会保険事務所には「国民年金保険料クレジットカード納付申出書」というものが備え付けられていますので、この用紙を提出することになります。

 

電話で申し込んで郵送で書類を送ってもらうことも可能です。

 

なお、請求済みのぶんや未払いのぶんについては、このクレジットカード払いは利用できませんので、注意が必要です。

 

国民年金保険料の支払いに、クレジットカードをうまく使っていきましょう。

 

キャッシングをする上での利用方法や借入れ方法等についての基本的なポイント

 

大規模の借金等と違い、キャッシングでは担保無し・保証人無しで貸付けを受けることが可能なものがたいていなのです。もしあなたが融資のとなったらこういう基礎的な点を理解しておき、可能な限り賢く効率の良い借り入れができるようにしましょう。

 

金融機関でキャッシングをする際は現金の受け取り方にも多様な手段があるのです。具体的には、ケータイなどから利用手続きを完了しておき銀行口座にお金を送ってもらう方式、実店舗や街に設置されているATMでキャッシングする形などがあります。

 

サラ金でお金を借りるというと少し踏み切れない、と考える方は結構しばしば見受けられます。でも、少々の融資においては利便性の簡便さや利率面から有利になる場合はしばしばあります。借り入れの内容は業者により異なりますので借りる前に比較するのがおすすめです。無保証の借入れと言うのは保証人を用意しなくても良いことを意味します。

 

「保証人」の役目は何かというと、融資を受けた後に借入金の返済ができないケースで借り主の代わりになって借入金を返す契約をした人です。もし、保証不要であれば人にお願いせずとも融資を受けることが可能なのです。

 

最初の申し込み開始から審査・融資、そして返済完了するといった、キャッシングについての一連の流れを身につけておけば必要な知識の理解も良くなって、利用時の心配な点があっても少なくなるでしょう。ウェブを使って調査すれば、沢山の情報をすぐに得る事ができます。

年金のクレジットカード払いのメリット

国民年金をクレジットカード払いにしている人が増加していますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

クレジットカードを利用して国民年金を支払うと、クレジットカードですのでポイントが付きます。

 

使っているクレジットカードのサービスに、ポイントを貯めるようなサービスがあるのであれば、クレジットカードを使った納付をするといいでしょう。

 

利用金額に対するポイント付与率が高いようなクレジットカードならば言うことはありません。

 

クレジットカードの利用者の信用度は、たくさん使えば使うほど増えていくようになっています。

 

国民年金保険をクレジットカードを利用して納めることで、クレジットカードの利用額も上がりますから、信用になるのです。

 

クレジットカードのランクをアップさせたい人や、利用限度額を上げようと思っている人は、できるだけ国民年金をクレジットカード払いにしたほうが良いでしょう。

 

一年間にあらかじめ決められた金額以上の利用があると、その年の年会費が無料になるようなクレジットカードもありますし、ポイントが増える場合もあります。

 

年会費無料の金額を達成するために、国民年金の保険料の支払いを利用すればいいわけです。

 

年金の保険料をクレジットカードで納付するようにすれば、銀行引き落としや振り込みの場合とは違い払い忘れがなくなる利点もあります。

 

納付日になればクレジットカード会社が保険料をいわば立て替えて払ってくれるからです。

 

クレジットカードの会社が立て替えた分は引き落とし日に支払うことになりますので、納付期日荷遅れることはないわけです。

年金をクレジットカードで支払う時のデメリット

クレジットカードで国民年金の支払いをするのはとても便利でお得なのですが、デメリットがないわけではありません。

 

クレジットカードを利用して国民年金を支払うと、クレジットカードのポイントが付くのでいいと思う方もいると思います。

 

国民年金保険料をを銀行引き落としで納付しても割引になります。

 

銀行口座からの引き落としの場合、クレジットカード払いの時とは違い、国民年金には早割制度があります。

 

銀行口座からの引き落としの場合と、クレジットカード払いの時とでは、保険料をまとめて支払った場合の割引額は異なっています。

 

銀行口座から引き落としにしたほうが保険料のまとめ払いによる割引額が高くなっていますので、カード払いでもらえるポイントと比べた上で、どうするか決めるといいでしょう。

 

クレジットカードの利用限度額が低く、他の買い物の利用限度額まで余裕がないと国民年金の支払いができない場合があります。

 

国民年金にクレジットカードを利用する際には、利用限度額がいくらまでなのかはよりきちんと把握しなければなりません。

 

クレジットカードを紛失したり盗まれたといった理由から、クレジットカードの番号が変わったような場合も、少々面倒なことになります。

 

クレジットカードで支払う場合、変更があった時の手続きがたいへんですので、そのあたりのことも考えに入れるべきです。

 

国民年金のクレジットカード払いに関しては、分割やリボ払いによる納付は認められていません。あくまで一括で支払わねばならないので注意しましょう。

 

国民年金保険料の支払いをクレジットカード払いにする、といっても、何もかもいいことばかりではない、ということを念頭に置くようにしましょう。