電気料金クレジットカード払い

電気料金クレジットカード払い

最近はさまざまな公共料金をクレジットカードで支払えるようになっており、電気料金も例外ではありません。

 

ポイントサービスが付帯しているクレジットカードで公共料金の支払いをしていると、ポイントがどんどん入ります。

 

口座振替すると50円の割引がされる電力会社もあります。5000円以上の電気料金を利用するのであればお得になるカードもあるのでクレジットカード払いがおすすめです。

 

電力会社に電話をして、今後はクレジットカードで払いたいと希望を出すことで、クレジット払いへの手続きができます。

 

後日、電力会社から送られてきた用紙にカード番号などの必要事項を記入し、送り返します。結局は今までどおり口座から電気料金が引き落とされることになります。

 

支払いをクレジットにした方が、得になるでしょう。通常申し込んでから1〜2か月してクレジットカード払いに変更されますが、申込みの時点でしっかりと確認しておきましょう。

 

だいたい日本全国どこの電力会社でも同じです。クレジットカードの会社は幾つかありますが、大手であれば電気料金の支払い手続きに支障があることはないようです。

 

電気料金の支払いには便利でお得なクレジットカード払いを利用することをおすすめします。

電気料金をクレジット払いにするメリット

電気料金をクレジットカード払いにする人が増えているようですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

カード会社によって内容は異なりますが、クレジットカードにはポイントサービスなどの色々なサービスがあります。

 

電気料金をはじめガス、水道、プロバイダー料金、新聞、携帯電話料金など毎月必ず出ていく経費があります。

 

これらをクレジット払いにするだけでたくさんのポイントを獲得することができます。月々の家計を正確にチェックすには、クレジットカードで電気料金などを支払っておくと後々が楽になります。電気の場合毎月の検針日に関係なく支払日が決まっているカード決済日になります。

 

あらかじめその分の残高を用意しておけば良いのです。家計簿をつけていない人でも、電気料金の引き落とし履歴をチェックすれば、出費を把握できるでしょう。

 

最近はネットから簡単に電気料金のクレジットカード払いの手続きができるようで簡単です。

 

東京電力は独自のクレジットカードを発行しており、カードで電気料金を支払うとポイントが2倍になるというお得なカードもあります。

 

毎日必ず電気を使っている私達の生活の中では、月ごとの請求を受けるたびにポイントがたまります。ぜひ電気料金の支払いにはクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

電気料金のクレジット払い注意点

電気料金のクレジット払いを利用する人が最近増加しています。

 

クレジットカードへの手続きは難しくないですし、クレジットのポイントは勝手い入って嬉しいことばかりですが、注意点は何でしょうか。

 

電気料金をクレジットカード払いにする場合に気を付けたいのがカードの利用限度額です。

 

クレジットカードで大きな買い物をしてしまい、限度額のせいで電気料金の支払いができなくなってしまうことがあるのです。

 

問題なく電気料金の支払いができるように、クレジットカードの限度額を最初に調べておくことが重要になります。

 

クレジットカード払いだと手数料がかかる場合があるという点にも要注意です。

 

電気代が1万円だとしたらポイントが1%で100円、手数料が50円だったら50円の特になります。

 

月々の電気料金が大体いくらくらいかを踏まえた上で、支払い手数料とポイントの入り方を調べておくことが重要になります。

 

クレジットカードを紛失したり盗難にあったりした場合、大変なことになります。

 

カード会社にすぐ利用停止の措置をしてもらうのですが、そうすると電気料金の支払いもできなくなってしまいます。

 

ひとつひとつの手続きを大変だと思う人もいます。電気料金をクレジットカード払いにするときにはカードの紛失にはくれぐれも注意しましょう。